×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3月17日(土)  曇り  中潮

ス、ストレスがぁ〜! 釣りに行きたい〜! 釣れなくてもいい〜!!!??????
という事でまたまた1人で行って参りました。
そろそろチヌかな〜と考えていたので貴船島に渡してくれる船長にTEL
ワシ「釣れよるかえ〜!」
船長「な〜んも食わんど〜」
ワシ「マジで〜(-_-;)」
船長「マジマジ」
ワシ「明日行きたいんじゃけど〜」
船長「明日は風強ぇ−けんの〜 わしゃ〜でらんど〜」
ワシ「あ〜本当 じゃぁまたTELするわ〜」
船長「オウゥ そうしてくれ〜」
チヌを諦め最近終盤を迎えているクロに変更

釣具店で最近の情報を聞くと
「クロは食わんですよ〜」
トホホホホ〜のお疲れちゃ〜ん(変)
米水津 新生丸朝5時の便で半島周りへ向う。
今日の当番はカイドクという事でワシは船長のはからいでデカパン宝庫カイドク裏へ上げて頂いた。
最近は半島周り上げてないと言うだけあって周りを見渡すとガラガラ。
人一人いましぇん。寂しい(;_;)釣れる気がしない



6時位から明るくなり始め釣り開始。たまに餌取られるがアタリが全くない!!
「よ〜しどうせダメなら色々やってみよ〜」と仕掛けをあれこれ考えながらやってると
足裏サイズの稚鯛のアタリがポツポツ。持って帰ろーか悩んだがクーラーまで持って行くのが面倒になりリリース
何か釣れるとやる気になるもんです。
昼食を取り気合を入れなおし今度は少し沖を狙ってみるとー


バチバチ〜

と道糸がでた。慌てて竿を立て耐えていると
フッと軽くなった。
アイタタ 針はずれ 針曲っとるし(;_;)
まずは第一のバラシ
ここからバラシの連荘確変モードに突入していく。
第2のバラシこれは何か知らんデカかった 針折れ。
第3・第4のバラシはハリスぶっち切れ。
第5・第6は道糸が飛んだ


何やっとんのじゃ〜

という事で今回もバラシを堪能して岐路に着く事に・・・(~_~;)
カイドクでもハリス3号を切られたとおっしゃってました。
また、本日 沖黒長ミゾ奥ではデカクロが湧いてきたとの情報や
横島3番・4番?周辺で尾長60UPがいるが
誰も取りきらんとの話がありました。
渋い時期でも一発があるから止められましぇんねー!!