×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9月8日(土)  晴れ  中潮

夜は少し涼しくなってきましたが、昼間は暑い・・・たまらん・・・でもグレ釣りたい・・・どうしょうか・・・?
あれこれ悩んでいると職場同僚HanaちゃんからTELがあり、週末ケンサキ釣りに行くとの事。
少し考えたが暑い思いをして期待小の磯に行くより、期待大のイカ釣りを選択。
最近、日没が早くなっているので佐伯フェリー乗場に午後5時半集合。
今回も孝明丸さんに8名乗船し出港〜!
船は港を出て大入島を越え蒲戸崎を抜け今回もかなり沖まで行く予定ですか〜?


天気は良いし、ベタ凪ぎやし、景色は良いし
、幸せ〜!
皆さん釣り談議に花を咲かせております。
ワシは遠くに見える磯を見ながら次回は何時何処に行こうかと思案中。
とりあえず今日の目標はHanaちゃんと2人合わせてケンサキイカ60杯または2人合わせて師匠Tさんに勝つ事!(無謀)
船はちょうど右側に水の子灯台が見える位置でパラシュートを下ろし釣り開始!!!!!
Hanaちゃんは師匠から竿・電動リールを用意してもらい右舷側先端で竿出し
ワシは前回同様 手巻きスッテを師匠に用意してもらい右船尾でドボン!!!
すると間もなく「キタぞ−」と声が聞こえる。
後ろの方もダブルで釣れているではないか−!
タナを聞くと10メートルから20メートルの浅めで食ってきたとの事。
早速やってみると手にグイグイとアタリが・・・キターと慌てて巻く・・・
1杯食いついているが残りのスッテにはちぎれたイカゲソが3つばかり付いている。
バラしてしもた−(泣) ヘタこいた−!!!小島義男が脳裏から離れない(笑)
見回りにきた船長からスッテの落とし方と上げ方を伝授してもらい
「大きいのはゆっくり巻かんとバレるけ−な−」とアドバイス頂いた。
よ−し慌てずゆっくり巻くぞ−と気合を入れ直し集中して釣っていると、少しづつイケスがにぎやかになってきた。
まるで漁師さんのように巻いてはスッテからイカを外しイケスにほり投げまたドボン!!!
大漁の予感!!!!!


ほとんど休まず我を忘れて釣りをしていると船長「今日は大漁じゃけ−早めにあがろか−?あと30分で止めるで−?」
ワシは果たして何杯釣っただろうか?中には70杯を越えた方もいらっしゃるとの事。
ビニール袋を取りに前部に行くとHanaちゃん数は分からないがクーラ−満タン!!!!!エエぞ-
ワシもイケスからビニールにイカを数えながら移していくと・・・・なんと49杯! でも何か切りが悪い あと1杯釣ろう!
慌ててスッテを海にほたりこみ シャクって 暫く放っておいた。 
お菓子を食べ終えスッテを上げてみると・・・・・
初のクインティプル(5杯ゲット) オオー これで54杯になったぞ−!嬉しい−
後片付けを終え孝明丸は超高速で佐伯フェリー乗場に向い午前2時前には港に到着。
孝明丸船長 師匠Tさん 今回も大変お世話になりました。
今回はHanaちゃんと2人で106杯と大漁でした。
次回は磯でグレ 釣るぞ− 待っとれ−グレちゃん! 北浦行こかな?