×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 5月3日(土)  大潮

約 1ヶ月半ぶりに磯に行くことになりました。 前の日に船長に確認するとウネリが強く上礁できる磯が限られるとの事。
相談役・若中頭は夕方の便でコータクへ  ココは3月にワシと若頭が泊まった磯だが 正直恐ろしい 
ワシ&若頭は夜10時の便で正福丸に乗り込む。 お客は3組  深島に到着すると船長 「誰か ココ 上がらんかぇ〜」
とライトに照らされている磯を見ると 足場悪そう・・・   他のお客さんが2名上礁。
次にソーノハエ水道側or森崎鼻 どっちか上がりョ と呼ばれた。
若頭と悩んだが、3月位まで爆釣していたと言う噂の森崎鼻に上礁。
2年前に上礁したことがあるが 足場は良いし とっても広い 寝るには最高の場所である。
「寝れる 寝れる 嬉しい 釣れなくてもOKョ〜」と2人で歓喜の雄叫びをあげる。
ところが いざ寝袋に入ると中々寝つけない。 久々の磯なので興奮しているのだろうか?
結局朝まで眠れませんでした。(泣)


朝 5時過ぎからコマセを混ぜ混ぜし釣り開始。若頭はヒラスズキ狙い  ルアーでサラシを攻める。
潮は手前から沖に出ていく潮  いつもの仕掛けで攻めてみると2投目に足の裏サイズの口太が喰ってきた。
今後も釣れると思い込んでいるワシは迷わずリリースする。 が・しかし・・・ その後全くアタリは無し。
若頭 ヒラスズキが2回ほどジャンプしたと大ハシャギでルアーを振るがヒットならず(泣) クロ釣り開始。
アタリウキをつけ固定仕掛けでサラシ周辺を攻めていると・・・手の平サイズのクロがヒット!
サラシ周辺の鏡から中の様子が見えるが かなり深い場所でクロの姿が確認できた。
タナをかなり深くし 粘るが全く喰ってこない。 


2人で休憩しながら釣り続けるが今日は真夏の暑さと睡眠不足でバテバテ
ワシは何かフラフラするし 脱水で全く気力が無くなってきた。
思わず 若頭に「何時までやります? 早めに止めません?」と弱気な発言。
すると 若頭 「飴でも食べる?」と沖縄塩飴を一握りくれた。
飴を食べながら 話をしていると 段々元気になり 落ち着いてきた。 血糖値も下がっていたかも?
暫く休憩し  仕掛けをあれこれ換えながら攻める。
ふと 時計を見ると午後4時 あと30分位しか無いし 潮が満ちてきて足場を洗う。
このまま お土産なしで終るのか? 
そこで まだ試していない仕掛け・・・1000釣法を試してみよう。
0cのウキをセットしハリスを10メートル 本当にこれで良いのか? 本で読んだ事を何となく思い出しながらやってみる。

仕掛けが馴染んできて段々ウキが入っていき見えなくなった。
暫くすると 待望のアタリが・・・やり取りし 何とかキープサイズをゲット  坊主を逃れる。
嬉しい〜  良かった〜と喜ぶワシ。
相談役&若中頭 はコータクにてイサキを含め10数枚ゲット 
若頭は3連続坊主決定 深島との相性が悪いのか? 「崇られとる〜 けど ルアー楽しかった〜」
と次回ヒラスズキゲットすべく気合を入れておられました。

次回は月末 米水津に修行に行きたいと思ちょります。