×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 11月23日(日) 若潮

先週 沖黒で撃沈
今週こそは・・・と気合を入れ懲りずに行って参りました。
米水津 半島周辺 横島周りで結構釣れ始めたとの話。
早速 政進丸クンにTELを入れると 「明日はOWNERの大会があるけん出港は6時やけど・・・」 
大会だったらあまり良い場所は空いてないかな?と期待せずに行ったのですが、しっかり半島周辺へ下ろして頂きました。
これで釣れんかったらどげーしょっか〜 と朝から不安・・・
少しエギをふるがアタリがないのでクロ釣りを開始。
すると1投目からウキが入っていく。 キィターーー   リールを巻き巻き 浮いてきたのは34cm口太。
明るくなると下の方にグレの姿がチラチラ見える・・・が何故か喰わない。 
色々やってみたがダメなので仕方なくハリスを細くして ようやく口太 41cmを追加。
これから爆釣???かと思いきや 潮が替わり全くアタリが遠のいてしまった。


11時30分瀬替わりすることを決意。大会が終るのを待ちカツアジロに上礁。
残り3時間 グレを追加できるのか???
昼食をとり 釣りを開始する。 何か潮がフラフラしていて釣れる雰囲気ではないが・・・。
バッカンを持ってあちこち釣座を移動  そして遂に待望のアタリが・・・ キィィターーーー
なんじゃこりゃ〜 深島で味わう様な強烈な引き 竿が中々立てれない。
2度目の突っ込みでブチィ チモトから切れた。
まさか尾長がいるとは全く考えていないアホな自分は同じ仕掛けで再度流す。
ウキがズボッと入る。 キュィーンと竿が曲がり魚は凄い勢いで沈み瀬に突っ込んで行く。
少し格闘したがまたプッツン チモトから切れた。それを4度繰り返し最後はイシガキダイで終了。
隣りのハナに上礁されていた方が「デ−カイ尾長が見えよった。」と帰りの船で聞きました。
う〜ん 普通に考えれば仕掛け換えるでしょ? 寝不足で思考が停止しておりました トホホ・・・
次回は45UPを目標に頑張ります。
帰路に着く途中 砂ぼうずクンにTELする。
「米水津 釣れよんで〜!みんな40UP結構釣っちょったわ〜 OWNERの大会 優勝は49cmでっせ〜」
「それでアンタはどうやったんな〜?」 砂ぼうず
「ワシはバラしてばっかりじゃ〜 デカパン尾長獲りきら〜ん!」 ワシ
「あんなー 釣れたらアンタじゃねーけん 釣れんのがアンタなんやけん(笑)」 砂ぼうず

ふざけるなー 砂ぼうずー 今すぐ米水津に敵討ち行ってこーい(笑)