×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 12月30日(水)大潮  

約9ヶ月ぶりに磯釣りに行って参りました。
11月に鹿児島に引っ越し 甑じゃーと意気込んでおりましたが、不安と寂しさでホームシックに罹ったようで・・・(笑)

今回も大分に帰省し釣り納めをする事に・・・。
毎度の事だが、年末は何処の磯も釣人が多く 名も無き磯すら空いていない事も暫しある。
当然 ワシの様な下手クソは丸坊主を覚悟しなければならない。
前日 政進丸クンにTELすると瀬泊まりのお客が多く磯が空いているかどうか解からない状況・・・
とりあえず朝3時の便で出発 お客は結構単独釣行の方が多く船は沖黒を目指す。
他の船とデットヒートの末 西のサラシ付近に2人を下ろしダンゴ・階段などに次々お客を降ろす。
船長「黒釣会クン 当番瀬のお客さんの人数が減ったけん 一緒に上がれる様に頼んじゃろーか?」
ワシ「エッ・・横島3番!? 良いんかな? もし了解もらえれば是非お願いします!」
という事で急遽 当番瀬の横島3番で竿を出せる事になった。 腕は無いが運がありまっせ〜
(笑)!
5時に6人で横島3番に瀬上がりし夜明けを待つ。


夜が明け 釣りを開始する。 餌を撒き 本日も1000釣法で攻めてみる。 薄暗い中仕掛けを張りながらアタリを待つ。
暫くすると勢い良くバチバチと糸が出て行く。 キィィターと慌ててやり取り開始するが、かなり仕掛けが流れて行ってるらしく
隣りの瀬を巻き込んで、あさっての方向に流れていた様子 途中で瀬に引っかかってしまいOcのウキとおさらば・・・。
気を取り直し仕掛けを作る 最後のOc これが無くなったら0号のウキで頑張るしか無い。
かなり明るくなり状況を確認すると当て潮。 遠投しても手前に戻ってくる1番嫌いなパターンだ。
潮はフラフラしながらたまに真横に流れる時がある。それがチャンスと踏んだワシは遠投しながら流していく。
暫くするとバチバチィと勢い良く糸が出て行く キィィターとやり取り開始 久々のクロの引きは凄いぞ・・・
何とか38p口太をタモに収める。
ふと横島2番を見ると元気の良さそうな2人組みの若者が、棒ウキで次々グレを釣り上げ 
更に悪ふざけで相方の釣りの邪魔をしている様だ。 
実に楽しそう!思わず笑ってしまった。 釣りは楽しくなくっちゃね〜。
夕刻まで苦戦しながら 何とか3枚のグレをキープする。 
流れが段々早くなり他の人と仕掛けが絡むかなー?と遠慮していたワシだが・・・
「よーしとことん流してしまえ〜〜 他の人と絡んだら誤ればエエじゃんかー」とずっと流して見る。
すると これまでに無い手応え バチバチィ キィィィター 慌ててやり取りするも最初から竿がのされている状況。
竿を立てる前から糸を止めてしまい一気にのされる。 反省反省!
メーンと竿先が海中に浸かりバチッという音と共にバラシてしもーた。
これを2度も繰り返し 本日の釣りは終了。 
バラシ2回は痛かったが、こんな良い瀬に上がれて 釣り納めにしては大満足でした。
船長・進クン 本当に有難う御座いました。
来年も宜しくお願い致します。