×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 1月25日(火)  

鹿児島に引っ越して来て1年 ようやく磯釣りに行って参りました。
釣りの存在すら忘れかけていた昨年の10月 仕事でお世話になっている取引先の病院へ行くと・・・ナ・ナント!
磯釣りの道具が干してあるではないですか!なんだかワクワクしてきて先生に話かけてみると、 
週1回は磯へ行っているというベテランの釣師!
「一度磯へ連れて行って下さい〜」とお願いすると 快くOKを頂き 念願の野間池釣行が実現致しました。
そして今回 普段は船釣りを専門でやっておられる先生も初磯へチャレンジする事となり3名での釣行。
朝7時 瀬渡し船 第三福丸にて出港! 本来ならば沖加瀬という1級磯に上礁する予定でしたが 波3メートルにウネリが入り
断念(泣) 地に近い磯へ上がりました。  道具を安全な場所に集めて 釣りの準備。 
コマセを作り タモ・竿を出し 今回も1000釣法をグレを狙います。  
がしかし・・・撒き餌を撒くと ピチャピチャと音がする。
何だか海面が赤っぽいのか? 嫌〜な予感・・・おおっ 鹿児島にもいたのかい?金魚ちゃん! お久しぶりっ!
って別に会いたくないわい(怒) 遠投しても海面が真っ赤に・・・トホホ(泣)
当て潮と金魚に悩まされていると 福満先生から朗報が入り10時頃 沖加瀬へ瀬替わり。 ラッキーと思っていたが、
船で沖加瀬へ行くと やはりウネリがあり ちょっと危険? ということで 裏港に近い鵜瀬へ上礁。
足場の良い所で3人並んで竿を出す。 なんだか良い感じの潮で 期待は高まります。



仕掛けを投入すると段々ウキがシモって海中に沈んで行き 見えなくなりましたが 全くアタリが良く解かりましぇーん。
もう いい加減 喰ってんじゃないの?とリールを巻くと ググッとグレの強烈な引きっ・・と思ったら
手前のハエ瀬に入られバラシ その後もアタリが2回あるが 糸ふけの出しすぎでアタリが解からず
糸を張った瞬間 コツコツ キィィターと合わせがグレに先手を取られて 手前のハエ根でブチッと道糸からプッツン(泣)
流石 ワシ バラシ専科 今年もバラシ炸裂!
その間 福満先生は次々とグレを釣り上げております! 流石です。
仕方ないウキを沈める釣りを止めて 0釣法を復活 ハリスを竿1本とり ノーシンカーで仕掛けを流します。
するとウキがゆっくり入っていき 消える キィィィター 久々のグレの引きは強烈です。
アテンダー 曲がり過ぎ 根に当たりそう・・・なのを何とか回避し やっと2枚35・38pをゲットしました。
喜びにふけっていると 隣りにいた上村先生の竿が大きく曲がっているではないか?
キィィィター 上がってきたのは初磯にして1.6sの見事なグレ!
福満先生はコンスタントにグレを仕留めキロオーバー含む6枚 3人で合計9枚という結果でした。
久々に磯へ行き 冷めていた釣熱が復活しそうです。
また次回も野間池に修行に行こうと思っております。
先生方 船頭さん大変お世話になりました。
今後とも宜しくお願い致します。