×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 12月29日(木)

最近 益々バラシに磨きがかかってきた バラシ専科ですが、今回もバラシの連チャンを堪能して参りました。
お世話になったのは、 渡船「松風」さん ココの船長が超良い人なんです!
瀬着けも丁寧で 慌てなくて良いので1人で行くには持ってこいの船です。
船長自身も上物・底物・渓流・ジギングなど 釣りが大好きらしくポイントもよく解かっておられます。
今回はタンゴと言う磯に上げてもらいました。
ココはグレ・マダイなど色々楽しめるという磯らしく 期待が持てます。


今回は1.75号ハリス 針は大きいのがあれば良かったのですが、忘れてしまい小さい針を使用! 
1000釣法で攻めてみました。
すると、1投目からバチバチバチッ  慌てて合わせ耐えるが、チモトからハリス切れ これを2度ほどやらかして
3度目は竿を叩くアタリ、 綺麗なチヌが浮いてきました。 その後も1投ごとにアタリはあるのですが、
針が外れる事が多く、船長が朝 すっぽ抜けが多いので大きめの針で・・・の意味が良く解かりました。
なんとなく 道具箱を探していると、かなり大きめの尾長用の針があったので 試してみる。
すると、40cmクラスのグレが外れる事無く 浮いてきた。 ラッキー!
その後、超大きなアタリを3度ほど瀬ズレでバラシながら
最大43cmを筆頭にグレ6枚釣り 2011年は終了!
本日は15回以上バラシてますな〜 いやー 非常に面白く 
釣り上げてもいないのに 腕がパンパンになりました。
来年も松風さん 宜しくお願い致します。